@
名古屋スパークスB.C.  ワンダース 
【試合終了】名古屋スパークスB.C. 1勝 
◇CBCリーグ公式戦◇インディゴリーグ◇開始9時30分◇清洲中 
0 2 0 0 0 2 2 1   7
0 0 1 0 0 5 0  2x   8x

◇勝◇西 2試合1勝
◇S◇
◇負◇友末 5試合3勝1敗1S
◇本◇【WD】日下1号(6回・ソロ) 甲田2号(7回・2ラン) 【SP】マリオ1号(6回・3ラン)

ワンダース 個人成績
背番 守備 選手名  1  2  3  4  5   6 7 8
- (中) (投) (中) 田中 四球 投飛 中飛 三ゴ
- (ニ) 秋山 三振 三振 三振 四球
99 (捕) 川上 三振 死球 ニゴ 三振
- (三) 甲田 三振 投犠打 遊ゴ 右本A
- (右) 日下 右安 死球 右本@ 三振
11 (一) 原田 ニ失 投ゴ 三振 中安
7 (遊) 植田 三振 遊失 左安 ニゴ
15 (左) 奥土 左飛 死球 ニ安 中安@
6 (投) (中) (投) 友末 遊失A 三ゴ 左2@ 中安
          ------ ------ ------ ------ ------ ------ ------ ------

選手名 勝利 敗戦 試合 回数 安打 三振 四死球 失点 自責 通算防御
友末 3 1 1 5 7 5 5 8 3 3 6.75
田中 0 0 0 1 1 4 1 2 5 5 35.00

ワンダース 試合後コメント
リーグの行方を占う大事な試合でした。ヒリヒリする緊張感の中先制、中押しと順調に見えましたが、スパークスさんの6回の猛攻で逆転、
最終回に同点、延長勝ち越しとドラマティックな展開でしたがその裏サヨナラ負け!う〜ん残念
スパークスさんの次の塁へのこだわりにもやられてしまいました
次回はダブルヘッダーなので気合を入れなければと思いつつ体力面の心配が消えない・・・
大丈夫でしょうか?
 ワンダースが選んだCBCポイント選手
2POINT マリオ選手(4)  
1POINT 鈴木選手(3)
1POINT 中選手(9)
1POINT 渡邉選手(1)


名古屋スパークスB.C. 個人成績
背番 守備 選手名  1  2  3  4  5  6  7  8
20 (指) 河津 三振 三振 中2@ 三振
92 (指) (投) (三) ルーク 捕ゴ 三振 三ゴ 死球
11 (一) 右2 投ゴ 右安@ 四球
35 (指) (ニ) (指) 池田 三飛 三振 四球 四球
13 (中) 船木 四球 投飛 中飛 死球@
1 (右) 白井 遊安 中飛失 三ゴ
90 (指) 長縄 投飛 四球 三ゴ
55 (遊) 中安 遊飛 四球
39 (左)     矢後 ニゴ 三振 四球
18 (三) (投) 西 ニ飛 ニゴ失 中飛
19 (ニ) 渡邉 右安 中安 三ゴ失
6 (捕) マリオ 中安@ 右本B 左犠飛@
17 (投) (指)   鈴木 三飛 四球 --
          ------ ------ ------ ------ ------ ------ ------ ------
選手名 勝利 敗戦 試合 回数 安打 三振 四死球 失点 自責 通算防御
鈴木 1 1 0 3 5 1 4 1 3 2 1.24
ルーク 0 2 1 5 2 4 2 1 0 4 7.00
西 1 0 0 2 1 3 1 0 0 1 7.00

名古屋スパークスB.C. 試合後コメント
序盤はミスも多く、攻撃も噛合わずリーグ終戦かと、意気消沈気味でしたが6回の逆転から一気に試合が動き出し
正に白熱のシーソーゲームとなりました。運良く勝利できましたがどちらが勝利してもおかしくない展開で楽しかったです。
最終戦も宜しくお願い致します!
 名古屋スパークスB.C.が選んだCBCポイント選手
3POINT 甲田選手(6)
1POINT 日下選手(2)
1POINT 奥土選手(5)
Copyright (c) 2006-2008 CBC LEAGUE All rights reserved.